保険募集代理店:KDDI株式会社、
引受保険会社:ライフネット生命保険株式会社

[au定期ほけん]同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定する場合

回答

au定期ほけんの死亡保険金の受取人に、同性のパートナーを指定いただくことも可能です。
ただし、戸籍上の配偶者の有無、同居期間といった条件の違い等によって、保険金額に上限を設けてのお引き受けとなる場合や、お断りする場合もございます。
また、加入に際してはお客さまを訪問し、面談にて申込内容などについて確認させていただく場合もございます。そのうえで、総合的な審査を行い、判断することになりますので、お申し込み手続きを行ったうえで、審査結果をお待ちいただきますようお願い申し上げます。


同性のパートナーを指定代理請求人にできますか?

同性のパートナーを指定代理請求人に指名することが可能です。au医療ほけん、au医療ほけんレディースについて、契約者が給付金の請求を行う意思表示が困難であるなどの場合に、指定代理請求人が高度障害保険金や給付金の請求を行うことができます。
ただし、戸籍上の配偶者の有無、同居期間といった条件の違い等によっては指名できない場合もございます。また、お客さまを訪問し、面談にて契約内容などについて確認させていただく場合もございます。

自治体が発行するパートナーシップ証明書は、パートナー関係を証明する書類の1つになりますか?

各自治体が発行する書類は自治体毎に内容が異なるため、ライフネット生命の保険申込時のパートナー関係を証明する書類としての取り扱いはいたしません。ライフネット生命所定の確認書にパートナー双方の署名、捺印をいただき、提出していただきます。



資料請求・保険相談などお気軽に!

auフィナンシャル
サポートセンターに
お任せください。

初めての方も見直しの方も経験豊富な保険プランナー(有資格者)が
ご納得頂けるまでご説明、お手続きのサポートをいたします。
【通話無料】
0120-907-100

受付時間:9時~20時(年末年始・ビル設備点検日を除く)

インターネットだけでは、保険のことがよくわからない、とお困りの方もご安心ください。
お電話でのお見積り、資料のご請求もお気軽にお申し付けください。

『HDI格付けベンチマーク』の電話サポートで最高評価の「三つ星」を獲得!

世界最大のサポートサービス業界団体HDIの日本法人HDI-Japanが主催する、「HDI格付けベンチマーク(依頼格付け調査)」において、KDDI株式会社(auフィナンシャルサポートセンター)は生命保険業界の「問合せ窓口」部門で2018年に最高ランクの三つ星を獲得しました。

※お客さまからのご質問やご要望などを正確に把握するため、通話内容を録音しておりますので、あらかじめご了承ください。

KDDIプライバシーポリシー


トップ
Copyright©2018 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.